昨日、玉名で自主上映された映画「チェルノブイリハート」を観てきました。

1986年におきたチェルノブイリの原発の爆発事故から16年後の

ベラルーシ近辺の現状を撮った、ドキュメンタリー映画です。

チェルノブイリハート公式サイト→http://www.gocinema.jp/c-heart/

2つの短編から成る映画。

一つ目は、子供たちの現状。

原発以来、奇形、水頭症で産まれてくるベビーが多発。

ミンクス市内では産まれてくる赤ちゃんが健常児である

確立が15%〜20%だという現実。

少年、少女の甲状腺がん、心臓病の増加。

原発事故との因果関係があきらかになっていないため

ほとんどの人たちが国の補助を受けられないでいるという。

今も、汚染地域に居住する住民たち・・

観ていてとてもつらい・・つらい映像です。

子供たちの苦しむ姿は、決して遠い国の話ではないのです。

もうひとつの短編は

事故発生時、チェルノブイリから3キロ離れた場所に住んでいた

当時10歳だった青年が、今では廃墟となった町に戻り

住んでいた団地を訪れる(もちろん今も強制退去区域なので

人は住めません)

「幸せだった。ずっとここに住んでいたかった。くやしい。悲しい。」

彼の虚無感が伝わってくる。

重い虚無感。

目を覆うほどの映像に、悲しくて、胸が重苦しくなりますが

ぜひ皆さんにも観ていただきたい映画です。



これは近い将来の日本なのかもしれません。

今、育っている子供たち。まだ産まれていない子供たちにも影響することなのです。

知らなければならないと思います。


上映後、いろんな方から発表がありました。

東京から子供と共に自主避難された女性のお話ですが

放射能ホットスポットとして名前を挙げられている文京区に住んで

いたそうですが。
目に見えない放射能がいったいどの位の単位

どこにあるのか?ということを、子供のお母さん達と自主的にお金を

出し合い、高額なレンタル料の軍用の測定器を借り、計測したところ

自宅付近ではかなりの高い数値が計測されたそうです。

九州にはたくさんの被災地からの避難者がいます。

これからも増え続けることだと思います。

そんな中、熊本県では年間、5万トンの瓦礫を受け入れることが可能

震災発生翌月の今年4月に発表しています。

すべての瓦礫が汚染されているという訳ではないですし

安全に焼却処理を行うことが可能な指針を国は発表していますが

今のこの時点でどこまで国を信用できるのでしょうか。

放射能に汚染された瓦礫の受け入れを反対する署名運動などを

する動きが、増えてきています。

今一度、情報を整理し、それぞれが今後の日本を考えなければ

ならないと思います。

NHK時事公論「解説委員室ブログ」

汚染がれき・処理の課題→http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/93918.html


私たちは何も考えずに、原発があるために

便利に暮らしてきたのです。

原発が危険で反対なのはもちろん当たり前ですが、

便利に生活してきた私たちが、今更手のひらを返したように

原発反対を訴える何かそれも妙な感じがしてなりません。



願うのは、世界中の子供たちがつらい思いをせず

幸せに暮らせますように。笑顔でありますように。


そのために私たちが出来ること。それはまず、現実を知ること

そして考えることなのでは、ないでしょうか。




JUGEMテーマ:アニメ映画全般

夏休みだし

どっか連れて行かねば。と

まずは映画を観てきました。

借りぐらしのアリエッティ

宮崎作品らしく美しい風景。

必ず出てくる思春期の少女。

淡々と進むストーリー

ありがちなお話なのですが

まっすぐな心のアリエッティと少年「翔」の姿が

友情がなんか感動・・ホロロと涙が出てしまいました。

このお話題材はイギリスの児童文学「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化

したものらしいです。

が・・イギリスの薫りはまったく感じられず、

国がどこなのかなんてどうでもいいような・・

いつものあのどこか懐かしい

ジブリの宮崎さんの作品になっていました。

特に後に残るほど強い印象の作品ではないのですが

なんか心が洗われる

そんな映画でした。

こどもたちに「どうだった?」と聞くと

あいもかわらず

「うん。楽しかった〜」

他にコメントないのかい!?

何を観ても・・・

どんないい音楽を聴いても

たいして変わらんコメント

やりがいなし

なんだよぉ

まだまだ夏休みは続く


 にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

 
JUGEMテーマ:最近みた映画

2週間しか公開しない!!と聞いていましたから。

もちろんマイケルのファンのひとりであるワタクシYOU!は
インフルエンザの波に負けじと、マスク着用で行ってまいりました。

「THIS IS IT」

亡くなるまえの10年くらいのマイケルジャクソンといえば

悲しいくらいに、色んな悪い情報や、事件、彼を非難する声・・

何が真実なのかは、わからないけれど、POPの神様はあまりにも

狂人扱いされていた。

しかしながら彼のファンは熱狂的に、天才的な彼の才能を愛していたに違いない!

もちろんこの私もそうだった。誰がどんな非難をしても、マイケルのように歌って踊って魅せられるエンターティナーが他にいると思えないから。

マイケル ジャクソンの死はあまりのも惜しい人を亡くしたという喪失感でいっぱいでしたが・・

このTHIS IS ITを観ればこれまでの10年間はなんだったんだろう?と思ってしまうほど、マイケルは昔とちっとも変わらず、ダンスも歌もすご〜いいのである。

テレビでチラリと映るマイケルは、いつも顔を隠し、傘を差し、弱弱しく歩いて手を振っている姿は、「どこか体調悪いのかも?もうダンスや歌ができないのかも?」なんて思わせるような雰囲気でしたが・・

亡くなる前のリハーサルのマイケルジャクソンは、そんな姿みじんも感じないほど、素晴らしい歌声とダンスで、20年前と変わらないのだ!!

やっぱりものすごくセクシーでかっこいい!!

おまけにリハーサルの時のマイケルのスタッフに対する態度は、日本風に言うととても腰が低くて、絶対に心が優しいいい人だ!と思ってしまうのだ。

地球を愛し、世界を愛し・・

この映画を観ると彼が亡くなったということが本当なんだろうか?と

あんなにパワフルに歌い踊っていたマイケルが突然、死んでしまうなんて・・?

50歳とは思えないスマートな肉体とダンス。

これは観るべきです!!

ロンドン公演が実現していたら・・もうすごいことになっていたと思います!!

あ〜もう1回観たいな〜

DVD発売されるのかしら。。


娘もMJファンですが・・インフルエンザ後のため外出禁止!!

ひとりで楽しくMJを楽しんだ休日なのでした。

 夏休みから「観たい〜〜〜!!」と毎日のように子供達から

言われていた映画「20世紀少年 最終章」

やっと観にいきました。レイトショーだったので、ワタクシ1200円!

やった!!


この子役さんたちみんなスゴイ!とっても昭和っぽい!!

相変わらず空いている映画館・・もったいない。

いちばん後の真中に座りゆったりと映画を楽しむ。ぜいたくな時間です。

さて、20世紀少年・最終章ぼくらの旗はいかに?

2時間50分というなが〜い上映時間。

楽しみながらも、モゾモゾ・ごそごそ動く我が家の娘達。

なんかもう気になってイライラッとしつつ・・

さて「ともだち」は誰なんでしょう?

まだご覧になっていない皆さんにネタばれするのは辞めておきますが

最後は意外な展開ですよ。

エンドロールが流れたあとに、だれがともだちなのか?が

わかります。

第1章から観てきた20世紀少年ですが、個人的な感想を言うと

ピッタリ世代がハマって懐かしさ100%だった第1章がいちばん

おもしろかった!!ストーリーもこれから何かがおこるんだという

ワクワク感があり、ケンジたちもまだ若い!!

第2章はつなぎ感があり個人的には、どっちでもいいけど

観ておかなきゃ・・って感じでした。

スケールの大きな最終章。

原作とは結果が違うらしいのですが、原作を読んでいない分

そこは(?)な感じでしたが、あーお金かかってるなースゴイ

が感想でした。とにかく出演している有名人が多い!

エキストラの数も半端じゃない!!

ただ・・なんだろ・・第1章から観てきましたが、登場人物が

あまりにも多いので、私のこのアタマでは整理できず

「ええっと・・誰が誰だったっけ・あの人はこの人で」

とひとり・ひとりの人物設定がピンと来ませんでした。

結末もちょっと拍子抜けで・・。

でもやっぱり自分達世代の物語はハマる!

昭和がすごくクローズアップされていて、なぜともだちは

世界を滅ぼしたいまでに至ってしまったのか。

動機は単純な子供っぽいことであるけれど、実はイマ起こっている

犯罪の根っこもそんなところにあるのではないかと思いました。

子供時代の傷は深く人間形成を左右するものだと。

そして被害者も実は加害者なのかもしれないと・・

もうコレは原作読むしかない!!

ぜひ原作が読みたい!!

最後に・・大好きな役者さん豊川悦司が今回もかっこよかった!!

ってことで我が家のパープーアタマのふたりは、この映画が

どんなものか理解できたのだろうか。

感想は「たのしかった〜〜〜」

やっぱり・・それしか言うことないのかい!?

まっ楽しければそれでよし。

次は何を観にいきましょうかね。


JUGEMテーマ:最近みた映画






にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4,5,6年生)へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:最近みた映画
 
気分転換に映画を観ました。スカッとする痛快なのがいいな〜と
「G.Iジョー」シルバーのウエアで走り回る予告を見て、コレだ!と
思っていたので、期待大!


原作は昔のアメリカアニメらしいのですが。



ストーリーは*****
何代も前からの悪の武器の商人であるMARS社の社長デストロ。MARS社は軍事シェア70%を誇る軍事企業。
MARS社は何でも破壊する「ナノマイト」という兵器を開発。社長のデストロはこのナノマイトを実験的に使い恨みのあるフランスのパリエッフェル塔を破壊し、武器を販売しようと、悪者組織と組み、ひと芝居うち、ナノマイトを我が物にしてしまう。

世界中から集められた史上最強の国際機密部隊G.Iジョーはシルバーのスーツを身にまとい悪者たちを倒すため壮絶なバトルを繰り広げる。
*******


そんな感じです。
とにかくド派手。建物はあっと言う間に壊れるわ。打ち合いはあるは。シルバーのスーツは車より早く走れるし。バキューン!ガガガ!とにかく派手でおもしろい。

ストーリーも人間模様が絡まり、因縁の対決があったり、G.Iジョーの新メンバーデュークと悪者組織のバロネスは以前婚約していた仲であったり、そのバロネスの弟も関係してきたりで、とにかくグチャグチャ。

全ての関係性はまだあきらかになっていないし、大統領も悪の道に引きずり込まれた感じだし・・悪者はつかまったけどさてこれからどうなる?

もう絶対的に次の作品がある。
ってことでしょうね。尻切れトンボで終わった感が、なんかスッキリしない。

悪の一員となっているストームシャドー(イ・ビョンボ)はなかなか目立っておりました。白い忍者のような衣装を身にまとい、周りが最新兵器で戦う中、剣を振りかざし、どんなものも切りつける。素早い身のこなしはレーザー銃のようなものもかわす勢い。
おまけに幼少時代はG.Iジョーのメンバースネークアイズと共に東京で修行していたと言うからすごい!

心に残るものは何も無かったけど・・
まぁ次が公開されたら、スッキリと終わりそうなら、また観たいかな・・。

人間模様の謎が解けないと、なんかスッキリしない。
そんな映画でございました。

さて次は子供達のリクエスト「20世紀少年〜最終章〜」が観たいな。

JUGEMテーマ:最近みた映画
 
本日は我が家の娘達の11歳の誕生日。

先週の土曜・日曜は仕事と娘達のダンス発表会が重なり、

身動きが取れない状態でした。そんでもって、その影響で

他の仕事がまた今週に流れ込み・・結局お盆はお仕事

がんばります!

ってんで、本日も朝から仕事に追われ、約束の誕生日の

イベントが遅くなってしまいましたが、日にちを小分けして

消化するというところで、承諾。

今日の空いた時間は「映画〜!!」

ナイトミュージアム2を観にいきました。



気負わなくて楽しく観れるナイトミュージアム。

前作も楽しかったですが、今回も主人公ラリーはミュージアムの

住人たちを守るため、ものすごい活躍をするわけです。

今回は、ニューヨークの博物館に夜な夜な動き回る住人たちが

世界最大の博物館のワシントンのスミソニアンに移送されたところ

から始まります。最大の博物館だけあって、そこに展示されている

人たちも、ナポレオンからルーズベルト、リンカーンにアル・カポネ

と、超・有名人ばかり!

動き出す歴史上の人物がユニークに描かれていて、とってもおもしろい!

それにアメリア・イヤハートを演じるエイミー・アダムスがとっても

かわいい。大好きな女優さんです。

「魔法にかけられて」でも明るく天真爛漫なキャラクターを

好演しておりましたが、今回も明るく正しく強くと、さわやかな

キャラクターを演じております。

子供の誕生日をお祝いする映画鑑賞会でしたが・・すっかり自分が

楽しんでしまいました。

ちょっとお疲れ気味だったもんで、「とにかく楽しめる!疲れない!」

そんな映画がピッタンコな本日でした。

次はケーキ!ですが、娘達は「自分で手作りしたい!!」

のだそうで、これは完全休業できる日曜日に先送り。

日にちを分割して、いつまでも誕生日を楽しめる。

たまには、こんなのもいいもんですよね。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4,5,6年生)へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:最近みた映画
 
観ましたよ「トランスフォーマー リベンジ」

実は前作を観ていなかったので、どうかしら?と思いましたが

充分に楽しめる映画でした。


オートボット(宇宙の金属の生命体)と主人公のサムは2年前

同じく宇宙の金属生命体の悪い奴ディセプティコンと戦かった。

ディセプティコンは悪をあきらめず、地球を侵略してやると

再度、仲間を増やし、地球制覇をたくらみ、やってくるのである。

サムは普通の学生生活を送るため、地球に残った親友のバンブルビーに

別れを告げ、愛する彼女ミカエラとも離れ離れになり、大学へ入学した。

戦いとは無関係に普通の学生生活を送りたかったサムだが、運命はそうは

させてくれなかった。再びオートボットと協力し、地球を守るためサムは

戦うのだ。




アメリカンな映画です。

オートボット達が車やバイクから、ビロロ=ンと大きな金属の生命体に

なるCGはかっこいいですよ〜!!

ストーリーも単純でありながら、両親の愛情あり、恋愛あり、友情ありと

なかなかいいです!

中でも彼女のミカエラが美しくてたくましくて、とってもいい!!

アクションはかなりのド派手さ。爆破はあるは、色んなものを吸い込む

悪いトランスフォーマーは、家でも車でもものすごい勢いですいこんじゃうわ。

バトルもとにかく見ごたえあり!!


映像もとてもキレイに仕上がっているので、楽しく観れる映画です。



う〜んと色んなことを考えたくないときにオススメ!!

ハデハデアクション ドカーン!でスッキリ!!

蒸し暑さをふっとばすのに、いかがでしょうか。


やはりたまには、映画館で映画を観なきゃですね。迫力が違います!!










1

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 高千穂 神々のいる街
    YOU
  • 高千穂 神々のいる街
    ゆみこ
  • 日本の将来
    秘密保全法 反対
  • いよいよ中学3年生
    みゆ
  • 久しぶりに
    綿吉
  • ソーシャルメディア実践!! お好み焼 れいあ 始動しますっ
    you
  • ソーシャルメディア実践!! お好み焼 れいあ 始動しますっ
    永瀬です
  • ノエル部長の夏休みパート2
    みゆ
  • 韓国料理 梁(ヤン)の家 
    みゆ
  • ノエル部長の日常
    you

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM